• 文字サイズ
  • 文字サイズ[小]
  • 文字サイズ[中]
  • 文字サイズ[大]

虎の巻|CKDの定義

CKD(Chronic Kidney Disease:慢性腎臓病)

CKDの定義

CKDとは「腎障害の存在」あるいは「GFR60 mL/min/1.73m2未満」が3ヵ月以上持続する概念です。

CKDにおける腎機能の評価は、血清クレアチニン(Cr)値または血清シスタチンC(Cys-C)値を基にした概算式にて糸球体濾過量を推定(eGFR)して行います。これにより年齢、性別、血清Cr値または血清Cys-C値がわかると腎機能を推定することができます。慢性に進行する腎疾患には糖尿病性腎症、糸球体腎炎、腎硬化症など複数ありますが、これらの疾患すべてをCKDとしてとらえることができます。

CKDの定義
  1. ①尿異常、画像診断、血液、病理で腎障害の存在が明らか
    特に0.15g/gCr以上の蛋白尿(30mg/gCr以上のアルブミン尿)の存在が重要
  2. ②GFR<60mL/min/1.73m2
①、②のいずれか。または両方が3ヵ月以上持続する

日本腎臓学会 編: CKD診療ガイド2012. 東京, 東京医学社, 2012

用語解説

GFR(glomerular filtration rate):
糸球体濾過量。腎機能のなかで最も基本的なもので腎機能の評価に使われる。
eGFR(estimated glomerular filtration rate):
推定糸球体濾過量。eGFR はスクリーニングや多数の対象者を比較するような疫学研究における簡便かつ客観的な評価を主眼として作成された腎機能指標。
日本人のGFR は以下の推算式で算出する(eGFR)。
eGFRcreat(mL/min/1.73m2)=194×Cr-1.094×年齢(歳)-0.287(女性は×0.739)
eGFRcys(mL/min/1.73m2)=〔104×Cys-C-1.019×0.996年齢(歳)(女性は×0.929)〕-8
page top
CKDの重症度は原因、腎機能、蛋白尿によって評価されます
CKDの重症度は原因(Cause:C)、腎機能(GFR:G1~G5)、蛋白尿(アルブミン尿:A1~A3)によるCGA分類で評価され、ステージに応じて適切な治療を行います。
CKDの定義①の「0.15g/gCr以上の蛋白尿(30mg/gCr以上のアルブミン尿)」はA2~A3に、定義②の「GFR<60mL/min/1.73m2」はG3a~G5に該当します。
CKDの重症度分類
CKDの重症度分類
page top
  • 前のページへ
  • 次のページへ