虎の巻|疫学

高血圧

疫学

高尿酸血症・痛風患者は高血圧を高率に合併しています。
高尿酸血症患者の約20%、痛風患者の約30~70%が高血圧を合併し、血清尿酸値が上昇するにつれて高血圧の合併率は高くなるとの報告があります。
また、最近のわが国の報告によると、男性高血圧患者の約30%が高尿酸血症を合併していました。
高尿酸血症と生活習慣病との合併頻度
高尿酸血症と生活習慣病との合併頻度
痛風患者の高血圧合併率

8,807例(痛風患者223例、非痛風患者8,584例)のメタボリックシンドローム罹患率を調査した米国の研究の中で、非痛風患者の高血圧合併率は30.3%であったのに対して、痛風患者の高血圧合併率は69.1%でした。(Choi HK,et al:Arthritis Rheum 57:109-115,2007)

血清尿酸値と高血圧合併率
血清尿酸値と高血圧合併率
高血圧患者の高尿酸血症合併率
高血圧患者の高尿酸血症合併率
page top
血清尿酸値は将来における高血圧発症の独立した予測因子と捉えることが可能であるといわれています。
高尿酸血症が高血圧の発症リスクと相関するとの報告は複数あります。
これらの結果から、高血圧については血清尿酸値が将来における高血圧発症の独立した予測因子と捉える事が可能であるとされています。(⇒高尿酸血症のリスク:高尿酸血症と高血圧
page top
  • 前のページへ
  • 次のページへ