• 文字サイズ
  • 文字サイズ[小]
  • 文字サイズ[中]
  • 文字サイズ[大]

虎の巻|高尿酸血症と生活習慣病

高尿酸血症と生活習慣病

高尿酸血症と生活習慣病の合併患者は増加しています。

食生活の欧米化などを主因とする生活習慣の変化に伴い、高尿酸血症患者は年々増加傾向にあります。また同時に、高尿酸血症と合併することの多いメタボリックシンドローム、高血圧、糖尿病、CKDなどの生活習慣病の、動脈硬化や心血管イベントへの進展が注目され、その関連性について多くのエビデンスが蓄積されています。
また、これらの病態に共通する発症基盤として内臓脂肪蓄積やインスリン抵抗性についての研究も進み、病態の関連性について解明されつつあります。
『高尿酸血症』という疾患を単独で捉えるのではなく、今後は様々な生活習慣病全体の枠組みの中で理解していくことが重要です。

痛風関節炎 痛風腎 痛風結節 尿路結石 CKD 肥満 高血圧 脂質異常症 糖尿病 動脈硬化 虚血性心疾患・脳血管障害
高尿酸血症と生活習慣病の合併頻度
高尿酸血症と生活習慣病の合併頻度
page top
  • 前のページへ
  • 次のページへ